魅惑の三国志

黄巾の乱と三英傑

戦いの名称 関連武将
184 黄巾の乱 張角 vs 曹操、孫堅、劉備

黄巾の乱の概要

 黄巾の乱は、後漢の末期に張角が起こした大規模な反乱です。

 張角は太平道という宗教団体の指導者で、太平道の信者たちは黄色い布をかぶっていたため「黄巾の乱」と呼ばれます。

 反乱は中国各地で起こり、後漢の霊帝は何進に討伐を命じました。

 この黄巾の乱には、後に大勢力となる劉備、曹操、孫堅がそれぞれが討伐に参加し、功績を挙げました。

 黄巾の乱は鎮圧されて平和が戻ったものの、後漢の国力はさらに衰えることになります。黄巾の乱は三国時代の幕開けとなる象徴的な事件なのです。

桃園の誓いと劉備の活躍

 三国志演義では、この黄巾の乱を討伐するために劉備・関羽・張飛が出会い、意気投合して桃園で義兄弟の契りを結びます。

 さらに劉備は方面軍指揮官である皇甫嵩や朱儁に助言して、苦戦する官軍を勝利に導いています。しかし、ただの義勇軍だった劉備たちには何の褒美も与えられませんでした。

 ようやく地方の役人の位を得た劉備は田舎で善政を敷いて民に慕われるものの、中央からやってきた督郵(官僚)を張飛がボコボコにしてしまったため、身分を失って放浪の身に戻ってしまいます。

 以上が三国志演義の物語です。

 実際には督郵をボコボコにしたのは張飛ではなく劉備で、黄巾の乱で皇甫嵩や朱儁に助言したという話も正史にはありません。三国志演義の人格者の劉備と、正史の荒くれ者劉備の落差は結構おもしろいですね。

孫堅、曹操の活躍と董卓

 一方の孫堅は、朱儁に抜擢されて正式な将軍として黄巾討伐に参加していました。

 特に黄巾賊の立てこもる宛城に対して、朱儁と孫堅で挟み撃ちにして場内に突入し、攻略するという大戦果を収めています。この功績で、孫堅は長沙太守に任じられます。

 曹操も騎都尉という役職で黄巾討伐に参加しました。騎都尉は首都洛陽を守る精鋭部隊であり、曹操は皇甫嵩や朱儁とは別の独立した部隊を率いていました。皇甫嵩と朱儁の軍に援軍として加わり、黄巾軍を壊滅させています。

 董卓は一時期盧植の後任として赴任したものの、黄巾軍に敗れています。

黄巾の乱以降

 黄巾の乱で最も飛躍を遂げたのは、孫堅でした。曹操も着実に出世しています。劉備も活躍したものの、せっかくの役職を捨てて逃亡。

 霊帝は黄巾の乱の5年後に亡くなり、その後継者争いが起きると、動乱の時代へと突入していきます。