魅惑の三国志

張遼・楽進・于禁・張郃・徐晃

 魏を代表する名将五人。魏の五将軍と呼ばれる。

魏の五将軍 登場作品

名前 \ 登場作品 1 2 3 4 5 6 7 8
張遼
楽進 - - - - - -
于禁 - - - - - -
張郃 -
徐晃 -

 長らく楽進と于禁が登場しなかった。

張遼(ちょうりょう)

 五将軍の筆頭に挙げられる将軍。字は文遠(ぶんえん)。

 董卓・呂布の配下だったが、降伏を機に曹操軍に加わった。官渡の戦いで関羽と共に先鋒を務めて顔良を破り、この際に関羽とは兄弟のように親しくなったという。

 華北平定で活躍し、張郃と共に烏桓を破った。合肥の戦いでは楽進・李典と共に孫権の十万の軍勢を迎え撃ち、張遼は精鋭八百人を率いて孫権のいる本陣に迫った。さらに撤退する孫権軍に襲撃を仕掛けて、淩統に重傷を負わせた。

 張遼の名は特に呉で恐れられたという。

楽進(がくしん)

-

于禁(うきん)

-

張郃(ちょうこう)

-

徐晃(じょこう)

-