魅惑の三国志

孫堅・孫策・孫権

 呉の武将(当主)の紹介・解説。

呉の武将(当主) 登場作品

名前 \ 登場作品 1 2 3 4 5 6 7 8
孫堅
孫策 -
孫権

 呉の初代皇帝・孫権(大帝)と、その兄・孫策、父・孫堅(武烈帝)。

孫堅(そんけん)

 呉の初代皇帝・孫権の父。字は文台(ぶんだい)。

 反董卓連合の先鋒として華雄を破り、真っ先に洛陽の攻略に成功した。荊州の劉表を攻撃中に流れ矢に当たって戦死。孫権が皇帝に即位すると、孫堅には武烈皇帝の名が与えられた。

 三国志演義では洛陽攻略の際に皇帝の証である玉璽を発見し、持ち帰ったとされる。

孫策(そんさく)

 呉の初代皇帝・孫権の兄。字は伯符(はくふ)。周瑜とは親友。

 孫堅の死後、その軍勢は袁術に吸収されていた。孫策は袁術の配下として長江を渡り、破竹の勢いで江東を征服した。袁術が皇帝を名乗ると決別し、呉の基盤を築いた。その功績からかつての項羽になぞらえて「小覇王」と呼ばれる。

 許昌襲撃を計画中に暗殺者の襲撃を受け、弟の孫権を後継に指名して死去。孫策の死因は諸説あり、三国志演義では于吉仙人に呪い殺されることになっている。

孫権(そんけん)

 孫堅の子、孫策の弟で、呉の初代皇帝。大帝。字は仲謀(ちゅうぼう)。